忘年会の景品にビールは最適な贈り物です

忘年会は一年の締めくくりには最適なイベントです。
共に頑張った仲間と、一年間の労を労って翌年からの
更なる飛躍を誓うには最適なイベントです。

ビール券

是非、このようなイベントを有効に活用して、
仲間との親交を深めたり、ストレスを発散して、
自分の仕事を効率よく進めて見て下さい。

忘年会のようなイベントにはゲームや余興が
よく行われますが、このようなイベントでの景品には
ビールよく使われます。

酒の席での景品ですので、やはりお酒がベストなのでしょうか。
よく使われる商品です。

またビール券等も多く配布されています。
頑張って働いた後の一杯は誰にとっても
大変美味しいものです。

親ぼくを深める

是非、頑張って景品を狙ってみて下さい。
会社としての一体感や連帯感を高めるには、
このような親睦会を頻繁に行う事が大変重要です。

忘年会や新年会は特にその要素が非常に高いです。
是非、積極的に参加して、多くの仲間と素敵な思い出を作りましょう。

自分の働く環境をよくするのも悪くするのも自分次第です。

社内親睦会を行う目的は?業務上のコミュニケーションが円滑に!

会社では社内で業務上関わりの無い部署が多く有る場合は、横のつながりのない風通しの悪い環境になりやすく、他部署の社員と話をする機会が無いことも有ります。
新年会や忘年会を開いても、同じ部署同士でお酒を飲んで話をするだけでになることが多く社内のコミュニケーションが良くなるとは言えません。
ビンゴやゲームを行ってもその時だけ盛り上がるだけで、どれだけ幹事が頑張ってもその時だけで終わってしいます。
親睦を深めるために2ヶ月に1回のペースで会を開けば他部署の仲間と話す機会は増えますが、工夫が必要です。
主催する幹事を部署毎にして、それぞれの部署が何をやっているかをプレゼンテーションをすれば、他部署の仲間にも知らせることが出来るでしょう。
テーブルも同じ部署同士が一緒にならない様に、星座ごとに分けたりテーブルごとの番号を社員に引かせたりすることで、同じ部署同士が一緒になることを防ぐことも出来ます。
そのような工夫をすれば、他の仲間がどのような仕事をしているか少しは理解する出来るようになり、年に4回~6回開催すれば、大まかでも仲間のしている仕事や会社における立ち位置などの理解を深めることが出来ます。
他部署の仲間がどのような仕事をしているか理解出来れば、社内の環境を良くすることが可能になるでしょう。
仲間の仕事が理解出来れば、自分の行っている仕事の立ち位置も分かり効率化に繋げることも可能になります。