忘年会の景品には何が良いのでしょう

忘年会では、景品を楽しみにしている人も少なくないかもしれません。
ビンゴなどのイベントで、豪華な景品が当たったり、賑やかな忘年会を
演出してくれる、重要なアイテムともいえるでしょう。

締めくくりだからこそ、忘年会での景品選びは
重要な作業といえるのではないでしょうか。

その会社によっても、忘年会の景品に
かける金額というのは様々でしょうし、
中には1等は有名テーマパークの
ペアチケットなど、高額商品である
ケースも多く見られることから、1等以外の商品に、
なるべく予算をかけずに見栄えの良いものを選ぶには
何が良いのか苦労している担当者も多いようです。

実際に、景品選びを担当することになったら、どのような点に
気を付けるべきなのでしょう。腕が試される

それには、もらって使わないものは避けるということを頭に入れて、
商品を選ぶことが大切といえます。

人によって、何が良いのかは、一概にはいえませんから、
そのもらう相手がどういった人かを考えることが大切です。

忘年会の時の景品とハズレについて

忘年会シーズンと言うのは一般的には12月になります。
11月の半ば頃になると、企業の多くは宴会を行うための幹事を定め、
忘年会を行う会場の予約やイベントなどの企画を作り上げていきます。

忘年会は、全員が参加するケースが多い宴会なのですが、
宴会の場を盛り上げるため、幹事は色々な企画を作り上げ、
ビンゴゲームを行う企業も多く在ります。時間を節約する

ビンゴゲームは宴会に参加した全てが楽しめるゲームであること、
気軽に出来るなどのメリットが有ります。

また、一番最初にビンゴになった人などには豪華な景品が
与えられるケースが多く、誰よりも早くビンゴになりたいと、
宴会の場は盛り上がりを見せるのです。

尚、景品は会社側が出してくれることもあれば、役所者の
ポケットマネーなど様々ですが、全員が楽しめるため、
ハズレの場合でも何かしらの景品を作りたいと考えるケースも
多く在ります。工夫の仕方次第

ハズレでも景品が貰える事で忘年会はより盛り上がりを
見せる事になるなどの魅力が在るのです。

忘年会での催し事の景品をかんたんに集める方法

最小限の労力で大半の会社では、年末になると
忘年会が催されます。
忘年会は普段話す機会が少ない人とも
お酒を交えた席で語り合い、
誰もが楽しめる場所です。

お酒が苦手な人でも、美味しい料理を
たくさん楽しむことができます。

社員全員が楽しめるように、幹事役になった人は、場所選びをはじめ
様々な準備をしなければなりません。

忘年会の中でイベントを行うときには、景品を用意しておけば
さらに盛り上がります。
皆で楽しみたい
その準備を行うのも当然のことながら幹事の仕事です。
しかし、どのような景品を用意すれば喜んでもらえるか悩むものです。

そのようなときには社員全員に何か1品
持ってきてもらうという方法をとります。

あまり高価なものでなくても、大まかな予算を決めて、
その値段相当のものを持ってきてもらいます。

無理に買いに行かなくても、家にある不要なものでも構いません。
この方法をとれば、自分にとっては不要なものを処分することが
できますし、幹事役の人は費用をかけずに合理的に
景品を集めることができます。

盛り上がる忘年会景品を選ぶには

まず、忘年会景品選びでやってはいけない禁じ手は
「すべての景品を同等の値段の無難なものにする」というものです。

品物選ぶ際、社員のすべてになるべく平等なものが当たるよう
適切な配慮のように思われる方もおられるかも知れませんが、
目玉のない景品争奪戦など座が白けるばかりです。

必ずひとつは最後まで期待感を引っ張ることができるような
忘年会景品を用意しましょう。

それが魅力的な商品であるほど、忘年会は盛り上がること
間違いなしです。

では、どういったものを忘年会景品の目玉にするのが
得策かと言うと、これは用意されている予算にもよります。

潤沢な予算を用意できる企業でしたら、旅行券や家電、
ゲーム機など「自分で買うにはある程度の覚悟が要る
金額ですが、人から頂くと大変お得感がある」ものが
望ましいでしょう。考える時間

不要な場合は欲しい人にあげても喜ばれますし、
そういった意味では誰もが知っている高級なスイーツなども
良い忘年会景品になるかも知れません。

対して予算が少なめの企業ならば、予算のうち
なるべく多くの金額を割いて、現金と同等の
価値のあるお食事券やクオカードなどを
目玉商品にすれば、ラストまで盛り上がりを保てることでしょう。

忘年会にかける予算が乏しい状況なのであれば、
二番目の目玉商品には宝くじなどを用意し、夢と希望で
参加者の期待感を煽るのもスタンダードではずさない趣向ですね。

景品が用意されている忘年会なら、その中身によって
場の盛り上がりが左右されるのは当然のことです。

予算が潤沢なら思い切った景品選びを、予算が乏しいなら
趣向を凝らした商品選びをすることで、幹事さんのお悩みも
軽減できるのではないでしょうか。期待したい